スペインに10日間の一人日旅をした記録を綴っています。

クエンカからマドリードに戻って、今度はバルセロナに移動します。

バルセロナへの移動

マドリード→バルセロナへの移動は、スペイン国鉄Renfeの高速鉄道AVEを利用します。

時間に余裕があればバスであったり、そもそもクエンカ→バルセロナへ直接移動という手段も取りましたが、社会人としてお財布には余裕があっても時間に余裕がない僕として、AVEを利用することとしました。

AVEはAtocha駅から乗ります。

チケットは窓口で購入しました。バルセロナSants駅までは107.70ユーロ。

列車に乗る前に飛行機のように荷物検査を受けます。

バルセロナまでは約2時間半。

バルセロナSants駅は地下鉄に直結しています。

バルセロナ街歩き

バルセロナの観光にはトラベルカードを購入すると便利。

地下鉄(メトロ)、バスなどが乗り放題になります。

トラベルカードには4種類あり、

2日券(48h):€ 15.2
3日券(72h):€ 22.2
4日券(96h):€ 28.8
5日券(120h):€ 35.4

でした。

今回の旅はバルセロナ滞在は4泊5日、とはいっても最終日はバルセロナ・エル・プラット空港から帰るのみなので、4日券を購入しました。

滞在時はメルセー祭の期間でした。1年で最もバルセロナが盛り上がる時期!

止まるホステルは1泊目はマドリードでも泊まったHostel Oneの系列、2〜4泊目は360Hostelというところ。

Hostel Oneは1泊目の日程では20ユーロほどだったが、それ以降はメルセー祭りの影響からかドミトリーで1泊100ユーロ超え!

幸いにもメルセー祭期間中でも1泊30ユーロで泊まれる360Hostelがあったので、こちらに移動することにした。

1泊目のHostelOneの近くはタパスBarが立ち並んでいた。

そのうちの1件でタパスとビールを頂く。

タパスのシステムは食べたいものを自らピックアップ、食べた後の串はそのまま残して、その串をカウントしてお会計というもの。1本あたり1〜2ユーロ(串によって異なる)。

食事後にホステルに戻る。Hostel Oneバルセロナは屋上がテラスになっている。ここでステイしている人と会話したり、ビール飲んだり、タバコやマリ◯◯ナを吸ったりしている。

夜はホステル恒例のパブクルーをした。

翌日は360Hostelに移動。前日のHostel Oneと違いこちらは比較的に静かなところにある。

チェックイン後にウォークツアーがあるということで、それに参加。

バルセロナの見どころは旧市街に集まっている。旧市街はBORN、GOTIC、RAVALという3つに地区に分別される。

ピカソ美術館、カタルーニャ音楽堂なんかはこの旧市街にある(サグラダ・ファミリアは別)。

ちなみにRAVAL地区はあまり治安がよろしくないようで、昼でも複数人で歩いた方が良いとガイドに教わった。

メルセー祭

メルセー祭は9月下旬に開かれるバルセロナのお祭り。

はりぼてや悪魔の格好をした人たちが花火をパンパン振り回したり。

 

人間の塔(英語ではHuman Tower)を作るものがありました。

 

 

サグラダ・ファミリア

バルセロナの象徴といったらこれでしょう。

 

サグラダ・ファミリアは地下鉄(メトロ)の駅を降りてすぐ目の前にそびえ立っています。

旧市街から歩いても30分くらいで着きます。

中に入るには事前にチケットの購入が必要。当日券も幾分か販売されているようですが、長い列に並ばないといけないようです。

僕の場合は舐めプして前日にネットで買えばいいかと思っていたのですが、売り切れで買えませんでした。

バルセロナを訪れたのは9月下旬、メルセー祭と重なったのか、2週間後まではネットの前売りは全部売り切れの状態。ハイシーズン(6月〜10月)はこんな感じらしいです。

ちなみにグエル公園もハイシーズンは事前に予約が必須です。

カンプ・ノウ

サッカー好きには聖地といってもいいでしょう、FCバルセロナの本拠地のカンプ・ノウ。

 

カンプ・ノウへのアクセスは地下鉄(メトロ)の駅PalauReial、LesCorts、Badalいずれかの駅で降りて徒歩で歩くのが便利。

いずれの駅からも20分も歩けば到着します。

僕が行ったときにはFCバルセロナはアウェイゲームだったので、外からスタジアムを眺めるだけ。

スタジアム内・ミュージアムを巡るツアーもあったが、試合が見れないのでは虚しさを味わうだけなので行きませんでした。

バルセロナから帰国

バルセロナの中心街からエル・プラット空港までのアクセスはバスの利用が便利。

カタルーニャ広場のすぐそばにバス停から空港直行のシャトルバスが出ています。

Sants駅から電車で行こうかと思いましたが、黒髪美女のホステルスタッフに「乗り換えが面倒くさいし、料金も高いし、やめときな」と言われ、仲良くなったインド人にも「おれもバスで空港行くから一緒に行こう」と言われたので、そちらに乗ることにしました。

ホステルからカタルーニャ広場までは歩いて10分くらいだったので、今思えばなぜ電車で行こうとしたのか(笑)

バスの運賃は乗る際に支払う。値段は10.20ユーロでした。カタルーニャ広場からシャトルバスに乗って空港まで40分ほど。

エル・プラット空港より香港経由で帰国をしました。

生ハムなどの動物性肉食品は日本への持ち込みはできなくなっているので気をつけて下さいね。

僕もしこたま買って戻ってきたはいいけど、日本到着時にそのことを知り、税関で全て廃棄しました(笑)